YouTubeで講演

くるめ地名研究会
Kurume Toponymy Study
「邪馬台」倭国=豊国 説
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座(2015年)
福永晋三  1時間58分音声 No.034
科学の目で見た「魏志倭人伝の短里」
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座(2015年)
永井正範  1時間18分音声 No.035
神武はスメラミコトか? 前半
(大きな別Windowで見る)
鶴田 裕一(延岡市)元宮崎県学芸員
2014年11月菊池地名研究会講演
No.032
神武はスメラミコトか? 後半
(大きな別Windowで見る)
鶴田 裕一(延岡市)元宮崎県学芸員
2014年11月菊池地名研究会講演
No.033
紀氏と熊曾於
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座 2014年
内倉 武久 古代史の謎を追う
No.031
九州王朝の貨幣について
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座 2014年
添田 馨 幻想史学の会(詩人・批評家)
No.030
邪馬壹國こそなかった
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座 2014年
福永晋三
No.029
『魏志倭人伝』と邪馬壹国への道
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座 2014年
正木 裕
No.028
相島トレッキング
伊藤まさ子路上講演
(大きな別Windowで見る)
2014年6月29日 太宰府地名研究会
沖ノ島祭祀は宗像のものだったのか?
No.027
2014年古田武彦九州講演
(大きな別Windowで見る)
第一部「筑紫舞と九州王朝」古田武彦
「よみがえった筑紫舞30年記念イベント」2014年3月2日(日曜日)アクロス福岡イベント・ホール(国宝大神社展関連イベント)
No.026
宮地嶽神社「筑紫舞」奉納
(大きな別Windowで見る)
第二部「筑紫神舞」宮地嶽神社宮司、神職
「よみがえった筑紫舞30年記念イベント」2014年3月2日(日曜日)アクロス福岡イベント・ホール(国宝大神社展関連イベント)
No.025
草書体で見る邪馬台国の謎
(大きな別Windowで見る)
「邪馬台国はやっぱり朝倉にあった」
井上悦文(久留米地名研究会)
花の邪馬台国まつり 2013年5月12
於: 朝倉市役所別館講演
No.024
納音菊水九州年号
(大きな別Windowで見る)
菊水史談会主催(2014年)
古賀達也講演会
(久留米地名研究会)編集員
古川 清久 1時間30分音声 No.023
「川上」ヤマトタケルの熊襲退治
(大きな別Windowで見る)
真言宗 御室派 健福寺(佐賀市)にて
(2014年)
(久留米地名研究会)編集員
古川 清久 1時間30分音声 No.022
神武はなぜ大和に向かったか
(大きな別Windowで見る)
菊池市に於ける講演(2014年)
元宮崎県学芸員 鶴田裕一
3本合計 2時間34分ビデオ No.021
「神武は筑豊に東征した」菊池市講演
(大きな別Windowで見る)
菊池市に於ける講演(2012年)
福永晋三  3時間10分音声 No.020
続・真実の仁徳天皇
(大きな別Windowで見る)
久留米市に於ける講演(2014年)
福永晋三  3時間11ビデオ No.019
真実の仁徳天皇
(大きな別Windowで見る)
久留米市に於ける講演(2012年)
福永晋三  3時間21分音声 No.018
国宝・絹本着色大善寺玉垂宮縁起絵の図像学 (前半)
(大きな別Windowで見る)
菊池市に於ける講演(2014年)
久米八幡宮宮司
吉田正一

54分動画 No.017-1
国宝・絹本着色大善寺玉垂宮縁起絵の図像学 (後半)
(大きな別Windowで見る)
菊池市に於ける講演(2014年)
久米八幡宮宮司
吉田正一

28分動画 No.017-2
鹿と温泉
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2013年)
久米八幡宮宮司
吉田正一

8分音声 No.016 >>画像と論文
「茂賀浦はなかった」
より抜粋
祭祀線で読み解く北部九州の古代史
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2012年)
十世紀の延喜式内社が包囲した敵国とは北部九州の何処にあったのか。
(太宰府地名研究会)伊藤 正子
1時間40分音声 No.015
周王朝から邪馬壹国そして現代へ
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2013年)
『魏志倭人伝』伊都国・奴国の官名「泄謨觚・柄渠觚・兕馬觚」それは周代の青銅の祭器と儀礼に起因するものだった。
古田史学の会 正木 裕
1時間38分音声 No.014 >>画像と論文
最近の考古学的発見と九州王朝
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2012年)
我国には近畿天皇家に先行する王朝が存在した。
古田史学の会 正木 裕
1時間46分音声 No.013 >>画像と論文
「釜蓋」倭人も太平洋を渡った!
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2013年)
谷川健一の永尾地名は南米まで広がっていた
古川 清久+大下隆司
1時間40分音声 No.012 >>画像と論文
神武は日向から東征したのか?
(大きな別Windowで見る)
久留米地名研究会に於ける講演
(2012年)
元宮崎県学芸員 鶴田裕一
2時間36分音声 No.011 >>画像と論文
九州王朝の新展開 銅鐸の謎を解く
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2013年)
銅鐸の謎は記紀が皇統に先在した王朝隠しのために仕組まれた
室伏志畔 1時間57分音声 No.010
苧扱川(オコンゴウ)
(大きな別Windowで見る)
久留米大学公開講座に於ける講演
(2011年)
(久留米地名研究会)編集員
古川 清久 1時間30分音声 No.009
Field から見た九州王朝
(大きな別Windowで見る)
久留米大学講演
(2013年)
永井正範 1時間20分音声 No.008
熊襲(くまそ)は列島を席巻した
(大きな別Windowで見る)
菊池講演
(2013年)
内倉武久 3時間6分音声 No.007
神武と魏志倭人伝
(大きな別Windowで見る)
神武と卑弥呼と神功 邪馬壱国年表
福永晋三  2時間20分音声 No.006
大善寺玉垂宮と久留米の古代史
(大きな別Windowで見る)
神功皇后紀を読む会
福永晋三  2時間57分音声 No.005
神武は筑豊に東征した!
(大きな別Windowで見る)
和歌が解き明かす古代史
福永晋三  1時間56分音声 No.004
太宰府は日本の首都だった
(大きな別Windowで見る)
九州国立博物館に於ける講演録
(2009年)
内倉武久 1時間50分音声 No.003
>>画像と論文※古川掲載
「日本語の漢字に残る漢音と呉音」
(大きな別Windowで見る)
奥野正男研究会に於ける記念講演
(2012年)
永井正範 50分動画 No.002
筑紫古代文化研究会
創立40周年講演会 挨拶
筑紫古代文化研究会創立40周年講演会 ごあいさつ 奥野正男 会長 動画 No.001
Copyright (c) 2009 KURUME Chimei Kenkyu All Rights Reserved
久留米市の地名研究会は、九州の地名と日本各地の地名の研究をしています。