久留米地名研究会
Kurume Toponymy Study
地名の考え方について
研究テーマ
地名の話をする時、同音の地名について、「こちらの地名はそちらとは漢字が違います・・・」といった声を耳にすることが良くあります。もちろん、同音地名において表記が異なることが重要な意味を持つ場合もありますが、一般的に、地名は漢字の字面ではなく、その音で考える事が重要な場合が大半であると言えるでしょう。
 
それは、普通は地名の形成時期が古い場合が多く、表音表記されていた時代よりも前に地名が成立しているためと考えられます。
 
このことで良く引き合いに出されるのがJR大阪駅の梅田ですが、ここは田んぼに梅ノ木が植えられたから梅田と呼ばれたのではなく、田んぼを埋めたから埋田と呼ばれるようになったのであり、その後、好字を選んで梅田とされた・・・と、言われています。同じように、枚方は古大阪湾の湾奥地としての平らな干潟の地であったから平潟から枚方とされたと言われています。
 
枚方が湾奥であった時代はそれこそ弥生期まで遡る可能性もあるはずで、このように地名には非常に古い時代からの強い遺依性を示すものがあるようです。このことから、どのような地名でも、第一義的には表音表記として考える必要があると思われます。
一方、出雲大社の北の海岸部に天皇家に献上する岩海苔を採る漁港がありますが、何と
「十六島」と書かれ、「ウップルイ」と呼ばれているのです。
 
・・・この地名ができたのは、室町時代以降らしいという説があるが、江戸時代には貝原益軒がアイヌ語だといい、・・・本草学者小野蘭山は岩についたノリをはがして水を「うちふるう」ところからきたと反論、・・・古い朝鮮語から生じたという説も出てくるし、・・・
『地名を考える』山口恵一郎(NHKブックス)
 
このような例は外にも多くあり、近いところでは、佐賀、福岡の県境である脊振山の佐賀県側に辰巳石と書き「ポロメキ」と呼ばれる土地があります。これらはどのように考えても和語、大和言葉、日本語の範疇には収まらないものであり、先住民族、縄文人、異民族との関係を意識したくなります。
さらに、人為的に変更されたと思しき地名もあります。久留米で言えば、筑後川が典型で、本来、千歳川、千曲川、両筑川などと呼ばれ、表記されていたものが、近世、筑後に流れている以上筑後川であるべきであるとされ、変更されたと言われています。この背後には筑後川の河道が南に大きく振れたという事実があるようです。また、宝満川も、かつては徳川と書かれそのように呼ばれていたものが得川とされ、宝満川と変えられたという話もあり、その背景には徳川家を憚ったという事があるようなのです。このように、後世の政治的、社会的要因が左右するものもあるのです。
さて、久留米周辺において目立つ地名としては○○光があります。これについては何を意味しているかハッキリしないのですが、このように地域限定の地名としては、佐賀県と諫早周辺に顕著な篭(コモリ)、搦(カラミ)という干拓地名、壱岐の触(フレ)地名、松浦市を中心とする免(メン)地名といったものが挙げられます。これは免租地とされていますが、これらについても今後皆さんと考えて行きたいと思います。
もちろん、ここに書いたことは一つの考え方に過ぎず、法則性などといったものではありません。個々にはあらゆる可能性を考慮に入れ、色々な要素を想定した柔軟な思考で地名を探求する事が必要でしょう。
武雄市 古川 清久